解説眠って笑う講演会

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
私は皆様にイキイキ元気になっていただこうと願い、
29年間、「5回笑って1回10秒間眠る元気講演会」を
全国の官公庁をはじめ、各企業・医療・教育・福祉の
現場で、年間200回以上を目標に担当しています。


会社事務職のA子さんは、ストレスがいっぱいで身も心も押し潰され、うつ傾向になってしまい、会社も休みがちでした。ある時、友人に誘われてこの元気講演会に参加されました。数回の参加後、A子さんは、『これほどまでの爽快感をかつて味わったことがあっただろうかと思うほど、身も心も空に浮きそうなくらい軽くなったのを感じられました。身体を緩めることで、気持ちがこうまで変わる事が出来るということを知りました。イライラ・クヨクヨがなくなり、何事にも集中できるようになりました。仕事のペースも上がって面白くなり、人間関係の輪も広がってこられました。今、自分の中でプラスへプラスへという流れが動き出しているのをひしひしと感じます。』と、以前とは見違える笑顔で語っておられました。

会社員のBさんは、激務と人間関係などによるストレスでうつ傾向になり休職していましたが、ドクターのカウンセリングを受けられ、「元気講演会」にも参加されると、参加回数を重ねるごとに気持ちが楽になり、元気回復し、復職されました。今では元気講演会の講師としても活躍されています。

大企業の中間管理職のC氏は、上司によるパワハラ・いじめからうつ傾向になり退職も真剣に考えていたさなか、「元気講演会」に参加され、「博士号を取り、大学教授となって、学生たちとゼミで楽しく過ごし、大学教育に貢献し大活躍しているイメージトレーニング」をされました。現在C氏は、ゼミの学生に囲まれ、名物教授として活躍されています。

中学校教諭のD先生は、生徒指導や同僚の先生方との人間関係が上手くいかず落ち込む毎日を送っていました。そんな時、「元気講演会」に参加され、参加されるごとに元気回復されていきました。D先生は、学級運営にこの元気講演会のプログラムを導入されています。生徒たちの学習意欲がアップし、D先生は生徒とは勿論、他の先生方とも笑顔で接することができるようになり、学校生活を楽しく送れるようになられました。


TOPPAGE  TOP